2024年版!フリーランスにおすすめファクタリング9社を徹底比較

株式会社フィジビリ 編集部
フリーランスにおすすめ!
ファクタリング人気ランキング

フリーランスとして6年以上活動し、実際に4社ファクタリングを利用した筆者が、本当におすすめできるフリーランス向けファクタリング会社を厳選して9社ご紹介。

ファクタリング会社
比較検証項目
  • 審査から入金までのスピード
  • ファクタリングにかかる手数料率
  • 調達可能額(下限・上限額)
  • ユーザーの口コミ良好度

上記の比較検証項目を当サイト独自の採点方式で点数化し、各項目の点数を合算した総合点でランキング順位を決定しています。

2024年最新!
フリーランスにおすすめファクタリングTOP3
おすすめNo.1
手数料率
一律10%
入金スピード
最短10分
手続き
オンライン完結
利用可能額
1万円〜100万円
総合評価

No.2
手数料率
1%~14.8%
入金スピード
最短1時間
手続き
オンライン完結
利用可能額
1万円〜上限なし
総合評価

No.3
手数料率
一律10%
入金スピード
最短2時間
手続き
オンライン完結
利用可能額
1万円〜上限なし
総合評価


本記事では、数あるファクタリング会社を徹底的に比較し、フリーランスにおすすめのファクタリング会社のみを厳選して9社ご紹介します。

各社、手数料率や入金スピード、手続き方法、調達可能額などを紹介しているので、ぜひ比較検討してみてください

フリーランスにおすすめファクタリング9選

フリーランスにおすすめのファクタリング会社を厳選して9社ご紹介します。

第1位:QuQuMo(ククモ)

運営会社株式会社アクティブサポート
手数料1%~14.8%
利用可能額数十万円〜
手続きオンライン完結
入金スピード最速2時間
メリット・手数料が業界トップクラスの低さ
・最短2時間で資金調達可能
・手続きはオンライン完結
・2社間契約なので取引先にバレない
デメリット・手数料の上限がやや高い

QuQuMo』は、オンライン完結型のファクタリングサービスなので、振り込みまでのスピードが早く、手数料も安いのが特徴です。QuQuMoの特徴は、以下のとおりです。

  • 入金まで最短2時間
  • 手数料1%〜と業界最安
  • オンライン完結で全国どこからでも手続きできる

手続きがスムーズにいけば、申込10分・見積もり30分・送金手続き60分の計2時間程度で資金調達が完了します。

QuQuMoの手数料率は、1%〜14.8%と業界内でもトップクラスに低い手数料率なので、優先的に見積もりを取っておきたいファクタリング会社です。

第2位:ペイトナーファクタリング

運営会社ペイトナー株式会社
累計利用者数1万名以上
手数料10%
利用可能額1万円〜100万円
手続きオンライン完結
入金スピード最短10分
メリット・手数料が一律で資金計画を立てやすい
・手続きはオンライン完結
・入金まで最短10分
・掛け目の設定がない
デメリット・初回利用時は上限(25万円)がある

ペイトナーファクタリング』は、取引先に送った入金前の請求書情報を登録すると、その報酬金額をペイトナー社が立て替えて即日で振り込んでくれます。

ペイトナーファクタリングの特徴は、以下のとおりです。

  • 取引手数料は一律10%
  • オンライン完結で面倒な手続き不要
  • 2社間取引なので取引先にバレない
  • 最短10分で即日振込

面談や書面でのやり取りは一切不要で、手続きはすべてオンラインで完結します。面倒な書類準備なども必要なく、会員登録をしたその日から利用できます。申請から入金までは最短10分で完了します。

第3位:ビートレーディング

運営会社株式会社ビートレーディング
拠点東京 / 仙台 / 大阪 / 福岡
手数料3社間契約2%〜9%・2社間契約で4%〜12%
利用可能額10万円〜数億円
累計取引数58,000件以上
入金スピード最短2時間
メリット・最短即日で資金調達可能
・小口から大口まで対応可能
・最低手数料率が低い
デメリット・フリーランスが利用できるのは3社間ファクタリングのみ

ビートレーディング』は、ファクタリング業界の中でも古くからある会社で、取引実績も業界トップクラスです。

ビートレーディングの特徴は、以下のとおりです。

  • 取扱件数は5.8万件以上・累計取扱高1300億円
  • 東京、仙台、大阪、福岡に拠点を持ち日本全国スピーディーに対応可能
  • 手数料は3社間契約2%〜・2社間契約で4%〜
  • 小口から大口まで対応可能

創業直後の中小企業、フリーランスなど、幅広い業種の方でも資金調達可能です。実際に10万円から7億円までの買取実績があります。手数料率は3社間契約で2%〜、2社間契約で4%〜となっています。

第4位:ラボル

運営会社株式会社セレス
手数料一律10%
利用可能額1万円〜
入金スピード最短1時間
手続きオンライン完結
メリット・審査から入金までのスピードが早い
・オンライン完結で手続きできる
・独自の与信管理
・手数料が一律で資金計画を立てやすい
デメリット・手数料率が10%の固定

ラボル』は、フリーランス・個人事業主を対象とした新しい形の請求書買い取りサービスです。請求書のアップロードから最短60分で口座に入金されるというスピード感が強みです。

ラボルの特徴は、以下のとおりです。

  • Web完結の申し込みで面倒な手続きが不要
  • 最短60分というスピード感
  • 手数料は一律でシンプルな料金設定

買い取り手数料は一律10%とシンプルで分かりやすい設計になっています。初期費用や月額費用は一切かかりません。

会員登録から審査手続きまで、すべてWeb上で完結するので書類審査や電話の必要がなく、スムーズに買取依頼を行うことができます。

第5位:PayToday(ペイトゥデイ)

運営会社Dual Life Partners株式会社
手数料1〜9.5%
審査期間最短45分以内で審査
振込期間即日振込
手続きオンライン完結
メリット・業界最安級の手数料(上限9.5%)
・AIを活用したスピーディーな与信判断
・取引先への通知が不要な2社間ファクタリング
・オンラインで完結/対面での面談不要
デメリット・審査が他社に比べると厳しめ
・必ずしも手数料が安くなるわけではない

PayToday』では、AIを活用した与信判断を行なっているので、審査から入金までのスピードがかなり早いです。場合によっては即日での振り込みも可能です。

PayTodayの特徴は、以下のとおりです。

  • 取引先への通知が不要で明瞭な手数料(上限9.5%)
  • AIを活用したスピーディーな与信判断
  • 取引先への通知が不要な安心取引(2社間ファクタリング)
  • オンラインで完結/対面での面談不要 ※日本全国対応

通常であれば30〜45日先までの債権しか買取ってもらえないケースが多いですが、PayTodayでは最大90日後の債権まで買い取ってくれます。

第6位:アクセルファクター

運営会社株式会社アクセルファクター
手数料2〜20%
振込スピード最短即日
契約方法対面 / 郵送 / オンライン
調達可能額30万〜1億円
メリット・審査通過率が93%と高い
・支払いまでの時間が長い売掛債権にも対応
・最短即日で振込
・赤字でも利用可能
デメリット・大型債権(1億円以上)は利用できない
・請求先が個人の売掛債権は利用できない
・手数料率の上限が高い

アクセルファクター』は、大手グループ会社が運営するファクタリングサービスなので、調達可能額の上限が1億円と高額な債権にも対応しています。

アクセルファクターの特徴は、以下のとおりです。

  • 年間相談件数3,000件、買取申込額290億円の実績
  • 5割以上が即日入金
  • 大手グループ資本で健全経営
  • 専属担当の手厚いサポート

幅広い業種に対応しており、建設業・運送業・IT業・アパレル業など、様々な企業から高い支持を獲得しています。

手数料率は2%~とファクタリング会社の中でも最安レベルの水準を維持しており、審査通過率も93%と高い水準を誇っています。

第7位:日本中小企業金融サポート機構

運営会社日本中小企業金融サポート機構
手数料1.5%〜10%
利用可能額制限無し
手続きオンライン完結
入金スピード最短即日
メリット・審査の通過率が高い
・手数料が業界最安水準
・郵送やオンラインで手続きが完結する
・経営コンサルティングを受けられる
・補助金申請の支援をしてもらえる
デメリット・売掛先が法人であることが条件
・2社間ファクタリングの手数料はやや高め

日本中小企業金融サポート機構』は、ファクタリング業界では珍しい非営利団体となっています。日本中小企業金融サポート機構の特徴は、以下のとおりです。

  • 非営利団体という信頼度と安全性
  • 無料フォームによる手数料見積もりが可能
  • コンサルティングとの併用も可能

日本中小企業金融サポート機構では、通常のファクタリング業務と並行して、経営及び各種コンサルティング業務を行っています。

その場しのぎのファクタリングではなく、経営を根本的に見直したい経営者や、資金繰りを改善させる方法について相談したい経営者におすすめです。

第8位:ジャパンマネジメント

運営会社株式会社ラインオフィスサービス
対応エリア全国
振込スピード最短即日
手数料3%〜20%
上限金額最大5,000万円
取引方法2社間・3社間ファクタリング
メリット・審査から入金までのスピードが早い
・少額の売掛債権にも対応
・幅広い売掛債権に対応している
デメリット・手数料率の上限が高い
・買取可能な売掛金の上限が低い

ジャパンマネジメント』は、事業規模の大小を問わず、フリーランスから中小企業までを対象としたファクタリングサービスを行なっています。

ジャパンマネジメントの特徴は、以下のとおりです。

  • 来店不要で即日対応
  • 最大5,000万円まで資金調達可能
  • 東京・福岡を中心に24時間・全国対応
  • 保証人・担保不要

売掛債権の金額は50万円~5,000万円までと幅広く、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングにも対応しています。2社間ファクタリングで10%~20%、3社間ファクタリングで3%~10%となっています。

手数料については、売掛金の種類や売掛先の規模・財務状況などに応じて算出され、売掛債権額の80~90%が買取り対象となります。

第9位:ベストファクター

運営会社株式会社アレシア
対応エリア全国
入金スピード最短1時間
手数料率2%〜20%
平均買取率92.2%
メリット・手数料2%~と業界最安水準
・2社間ファクタリングで売掛先にバレずに利用可能
デメリット・手数料率の上限が高い
・買取可能額に上限(1億円)がある
・必ず即日入金されるわけではない

ベストファクター』は、個人事業主やフリーランスから支持を集めているファクタリングサービスです。債権額に100万円程度の下限を設けるファクタリング会社が多い中、ベストファクターは下限30万円から利用できます。

ベストファクターの特徴は、以下のとおりです。

  • 最短1時間で資金化可能
  • フリーランスや個人事業主でも利用可能
  • 業績が赤字、借入があっても利用可能
  • 審査に通りやすい(審査通過率92%)

「ちょっとだけ資金が足りない」「フリーランスである事を理由に他社に断られてしまった」といったケースでもマッチします。もちろん担保や保証人は不要です。

ファクタリングサービスのみならず、経営に関するコンサルティングから資産運用、他業種・異業種間の仲介や橋渡し役まで、幅広いサポートを行っています。

フリーランスがファクタリングを利用するメリット

業績に関わらず売掛金を現金化できる

ファクタリングは自社の業績が芳しくない状況でも資金調達可能です。一般的な銀行融資であれば、赤字などの業績不振があると融資を受けられない場合が多いです。

一方でファクタリングは、売掛先企業の業績が良好であれば、自社の状況に関わらず売掛金を現金化できます。

最短即日で資金調達が可能

ファクタリング会社によっては最短即日での現金化が可能なため、運転資金や設備投資などの急な支払いにも対応でき、資金繰りの面でも安心できます。

銀行融資や公的融資の場合、審査や手続きに時間がかかるため、数日から数週間ほど時間がかかるのに対し、ファクタリングであれば最短で数時間程度で現金を受け取れます。

売掛金の未回収リスクを回避できる

売掛金は支払いを受けるまで現金化できないため、黒字倒産のリスクもあります。ファクタリングを利用すれば、売掛金の支払い期日を待たずに現金化でき、経営資金に余裕が生まれます。

償還請求権の無いファクタリングを利用すれば、取引先が倒産した場合でも回収リスクを回避できます。

フリーランスがファクタリングを利用するデメリット

融資よりも手数料が高い

銀行融資では1%代の利息で済むのに対し、ファクタリングでは最大で20%〜30%程度の手数料がかかることもあります。

特に取引先との信頼関係を重視した2社間ファクタリングを利用する場合、その分手数料を多く払う必要があります。

売掛金の額までしか現金化できない

ファクタリングは売掛金の金額までしか資金を調達できないことがデメリットです。

設備投資など多くの資金が必要な場合、銀行からの融資の方が適しています。ファクタリングは資金繰りを改善し、キャッシュフローを整える目的で利用するのが最適です。

取引先に資金繰りに困っていることがバレる

3社間ファクタリングを利用する場合、取引先企業がファクタリング会社に直接支払う必要があるため、ファクタリングを利用していることがバレてしまう恐れがあります。

取引先に自社が資金繰りに困っているという印象を与える可能性もあるため注意が必要です。

フリーランスがファクタリング会社を選ぶポイント

入金までのスピード

一般的なファクタリング会社では、3営業日〜1週間ほどで入金されるケースが多いです。

入金スピードはファクタリング会社とって非常に重要な差別化要因であり、中には申し込みをしたその日に入金してくれる会社もあります。

本記事で取り上げているファクタリング会社は、入金スピードに定評がある会社のみ取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリング手数料

即日対応してくれるファクタリング会社を選ぶ場合、入金までのスピードが遅い「3社間ファクタリング」ではなく、入金までのスピードが速い「2社間ファクタリング」を採用している会社を選ぶ必要があります。

2社間、3社間ファクタリングにおける取引手数料は、2社間は3%〜30%、3社間は3%〜10%が相場です。

買取可能金額

ファクタリング会社によっては、最低30万円ほどから調達可能な会社もあれば、数万円程度で利用できる会社もあったり、上限7億円まで調達可能な会社もあります。

買取可能額はファクタリング会社によって千差万別であるため、各社の公式ホームページからしっかり確認しておきましょう。

特に、建設業や不動産業など大口の売掛債権を保有している企業は、できるだけ買取額上限が高いファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

償還請求権の有無

償還請求権が有りの場合、売掛金の取引会社が倒産したり不払いになった場合、ファクタリング利用者本人が取引会社の代わりに保証する必要があります。

一般的なファクタリング会社の場合、償還請求権は無しに設定されていますが、有りの会社もあるので注意が必要です。

本記事でご紹介するファクタリング会社は、全て償還請求権無しなのでご安心ください。

フリーランス向けファクタリングサービスに関してよくある質問

審査が甘いと評判のファクタリングサービスは?

ファクタリング審査が甘い業者は、売掛債権が少額で信用力が低いフリーランスや個人事業主でも利用できるケースが多く、審査に用いる提出書類が少ないのが特徴です。

特に『QuQuMo』はフリーランスとの取引実績が豊富で、審査通過率は90%を超えています。

少額で利用できるファクタリングサービスは存在する?

売掛債権が少額になりがちな個人事業主やフリーランスは、ファクタリングの審査に落ちてしまうケースが多いです。

一方で、最近では個人事業主やフリーランスに特化したファクタリングサービスが増えてきており、1万円から利用可能なファクタリングサービスが増えてきています。

特に『ペイトナーファクタリング』は、1万円から利用可能で個人事業主やフリーランスとの取引実績が豊富です。

ファクタリングの審査に必要な書類は?

ファクタリングの審査において、最低限必要となる書類は以下のとおりです。

・売掛金が確認できる書類(請求書など)
・入出金が確認できる通帳のコピー
・本人確認書類(免許証・マイナンバーカードなど)

ファクタリングの仕組み上、売掛金が確認できないと契約できないので請求書の提出は必須です。また、ファクタリングの審査において、追加で提出を求められるケースがある書類は以下のとおりです。

・直近の確定申告書(個人事業主の場合)
・決算報告書(法人の場合)
・印鑑証明書
・取引基本契約書
・発注書・納品書

土日に対応しているファクタリングサービスは?

土日でも申込みや審査に対応しているファクタリングサービスは多いですが、土日に振込対応しているサービスは数少ないです。

ラボル』であれば、土日でも振込対応しており、請求書のアップロードから最短60分で口座に入金されるというスピード感で対応してもらえます。

ファクタリング審査において重要視される項目は?

ファクタリング審査においては、「個人事業主としての開業日・法人の設立日」「売掛先の信用力」「売掛債権の有無」「売掛債権の支払期日」が重要視されます。

特に、売掛先の経営状況が良好で確実に売掛金を支払ってくれるかどうかという点を重視しています。

請求書のみで利用できるファクタリングは存在する?

結論、請求書のみで利用できるまともなファクタリングサービスは存在しません。「必要書類は請求書のみ」と謳っているファクタリングは、違法に金銭を貸し付ける悪徳業者の可能性が高いのでおすすめしません。

一方で、請求書と通帳のコピーのみなど、必要書類が少ない大手ファクタリング会社も存在します。

QuQuMo』や『ビートレーディング』であれば、請求書と通帳のコピーをWeb上でアップロードするだけで審査が完了します。

この記事の監修者
株式会社フィジビリ
株式会社フィジビリ
編集部
当社では、フリーランス専門のシェアハウス事業とWebメディア事業に加え、ITフリーランスのネットワークを活かし、Web戦略/マーケティング支援事業を行なっております。当記事は、フリーランス歴5年以上のエンジニア・デザイナー・マーケターが執筆・監修しています。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました