データ復旧業社
PR

アドバンスデザインの評判・口コミは?メリット・デメリットも解説

soji

アドバンスデザインは、数あるデータ復旧業者の中で最も老舗の企業であり、データ復旧業界を牽引してきたパイオニア的存在です。

長年培ってきた知識と技術は国内トップレベルであり、安心して依頼できるデータ復旧業者の一つです。

この記事では、実際にアドバンスデザインを利用者したユーザーの口コミをもとに、アドバンスデザインにデータ復旧を依頼するメリット・デメリットをご紹介します。

フィジビリ編集長・辻本
フィジビリ編集長・辻本
最初に確認!
アドバンスデザインの基本情報
運営アドバンスデザイン株式会社
拠点東京(千代田区)/大阪(淀川区)
※全国どこでも無料で集荷対応 or 郵送
料金軽度・中度論理障害:33,000円~
軽度物理障害:66,000円~

アドバンスデザイン』は、20年以上業界を牽引してきた企業です。その実績を買われ、2017年にBUFFALOの親会社であるメルコホールディングスの傘下に加わりました。

アドバンスデザインの特徴は、以下のとおりです。

  • 日本で最初のデータ復旧専門企業
  • 法人などの大規模復旧案件に強い
  • 大規模システムの障害にも対応
  • BUFFULO社のお墨付きのデータ復旧技術
  • 出張対応可能

データ復旧、サーバー復旧など、データ領域全般では日本でもトップクラスの実績を誇っており、BUFFALOのメーカー修理や、データ復旧サービスも全てアドバンスデザインが運営しています。RAIDやNASなどの技術力が求められる案件も多く引き受けています。

アドバンスデザインの評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査

実際に、アドバンスデザインを利用しているユーザーの、ネット上に寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

アドバンスデザインのポジティブな評判で多かったのは「費用を抑えられた」「無事にデータが復旧した」という口コミです。

ほかのサービス業者さんで50万円ほど掛かると言われたのでアイミツしてみたら、こちらでは28万で復旧できるとのこと。費用も抑えれて、納得のいく対応でとても満足しています。

(引用:フィジビリ調査)

営業さんの説明に納得感があって良い。また事前に復旧できないことも説明があり、費用負担などポイントがすごく分かりやすい。

(引用:フィジビリ調査)

社内で構築しているクラウドの仮想環境にデータ障害が起き、自社のエンジニアでは手には負えない状況でした。すぐに営業の方が来社してくれて、復元に必要な工数や見積もりを出してくれて数名の技術者が復旧作業してくれました。

予め予算や期間は増えることも伝えられていましたが、ほとんど滞ることなく作業は完了。サーバーの再建まで行える業者はいないのでとても助かりました。

(引用:フィジビリ調査)

クリニックで使用していたPCが突然フリーズしてそのまま使えなくなり業務ができない状態に。新しいPCヘのデータ引き継ぎの際にアドバンスデザインにお願いしましたが、データ復旧できるかすぐに診断してもらいすぐに依頼。2時間程度でデータも取り出せて大変助かりました。

(引用:フィジビリ調査)

社内で構築しているクラウドの仮想環境にデータ障害が起き、自社のエンジニアでは手には負えない状況でした。すぐに営業の方が来社してくれて、復元に必要な工数や見積もりを出してくれて数名の技術者が復旧作業してくれました。

予め予算や期間は増えることも伝えられていましたが、ほとんど滞ることなく作業は完了。サーバーの再建まで行える業者はいないのでとても助かりました。

(引用:フィジビリ調査)

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「スマホのデータ復旧には対応していない」「価格が高めに感じた」といったネガティブな口コミも見受けられました。

使っていたスマホのデータ復旧を依頼したかったが、取り扱いがないと言われた。

(引用:フィジビリ調査)

最初に提案されたHDDの復旧は数社見積もりをした中では少し高めに感じた。

(引用:フィジビリ調査)

アドバンスデザインの口コミ・評判から分かるメリット

法人など大規模のデータ復旧に強い

アドバンスデザインは、RAIDやNASなど高い技術力が求められる復旧案件を数多く手掛けています。

大手企業が採用しているサーバーやRAID、NASなど高密度メディアのデータ復旧に対応するため、目に見えないチリやほこりを完全シャットダウンするクリーンルームやレーザー顕微鏡を駆使して、重度の物理障害に対してもデータ復旧を可能にしています。

データ復旧やサーバー復旧、データ完全消去など、データ領域全般では日本でトップクラスの実績と技術力をもつ企業です。

国際規格ISO9001・27001を取得している

データ復旧業者を選定する際は、セキュリティや品質保証もしっかり確認しておきたいポイントです。

アドバンスデザインは、品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO 9001」と、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO 27001」の2つの国際規格を習得しています。

どちらも認証を取得するには厳しい審査があり、技術力だけでなく最新の設備を導入する必要があり、預かったHDDの盗難・紛失・破損を防ぐため自社内に耐震・耐火仕様の大型金庫を配備しています。

初期診断が無料かつ成果報酬制

アドバンスデザインでは、無料の初期診断時にHDDが4段階の中でどのレベルなのかを診断し、正確な見積もりを出してもらえます。いずれのレベルにおいても、相場より低めの金額に設定されています。

レベル1:OSの障害レベルが非常に軽度で、ファイルシステムの解析でデータ復元が可能な状態。料金は17,800円~

レベル2:ファイルシステムが破損・消失し、データ復元に高度な解析が必要な状態。料金は50,000円~

レベル3:HDDの物理障害のようにファイルシステムの解析ではデータの復元が困難な状態。料金は125,000円~

レベル4:重度の物理障害をはじめとしてデータの復元が非常に困難な状態。料金は170,000円~

データ復旧技術はHDDメーカーのお墨付き

アドバンスデザインは、データ復旧という産業を20年以上リードしてきたパイオニア的存在です。2017年にはその実績と技術力を買われ、BUFFALOの親会社であるメルコホールディングスの傘下に加わりました。

これは日本最大手のHDDメーカーがアドバンスデザインの技術力を高く評価したという証です。

アドバンスデザインの口コミ・評判から分かるデメリット

個人の小さな復旧案件であれば多少割高

アドバンスデザインは、大手企業の案件を手掛ける高度な技術力や設備を有しているので、個人の小さな復旧案件を依頼する場合、どうしても割高感を感じる料金設定になっています。

もし、なるべく安くデータを復旧したい方は、障害内容や障害の重度に関わらず一律39,800円で対応している『PCエコサービス』と比較検討されることをおすすめします。

まとめ

以上、アドバンスデザインの特徴やメリット、利用者の口コミをご紹介しました。

「データの復旧率をできるだけ高めたい」「すぐにデータを復旧させたい」という方は、アドバンスデザインの利用を検討することをお勧めします。

機器の診断や見積もりは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

あわせて読みたい
2024年版!データ復旧業社おすすめ7社を徹底比較
2024年版!データ復旧業社おすすめ7社を徹底比較
この記事の監修者
辻本 拓磨
辻本 拓磨
株式会社フィジビリ 代表取締役
同志社卒→株式会社リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を湘南でオープン | 企業のWeb戦略/マーケティング支援を行いながら、業界最大手のフリーランス専門メディアを運営中。
記事URLをコピーしました