ペイトナーファクタリングの評判・口コミは?メリット・デメリットも解説

株式会社フィジビリ 編集部

ペイトナーファクタリングは、面談や書面でのやり取りは一切不要で、手続きはすべてオンラインで完結します。審査から振り込みまでは最短10分で完了します。

本記事ではペイトナーファクタリング利用者の評判・口コミをもとに、メリットとデメリットを併せて解説します。

フィジビリ編集長・辻本
フィジビリ編集長・辻本
ペイトナーファクタリングの口コミ・評判まとめ

◎ 手数料が10%で固定されており資金計画を立てやすい
◎ 手続きはオンライン完結で入金までのスピードが早い
◎ 登録方法や申請手続きが簡単

◎ 2社間契約なので取引先にバレない
△ 少額の売掛債権にも対応している

× 初回利用時は上限(25万円)がある

最初に確認!
ペイトナーファクタリングの基本情報
運営会社ペイトナー株式会社
手数料10%
利用可能額1万円〜100万円
入金スピード最短10分
手続きオンライン完結

ペイトナーファクタリング』は、取引先に送った入金前の請求書情報を登録すると、その報酬金額をペイトナー社が立て替えて即日で振り込んでくれます。

ペイトナーファクタリングの特徴は、以下のとおりです。

  • 取引手数料は一律10%
  • オンライン完結で面倒な手続き不要
  • 2社間取引なので取引先にバレない
  • 最短10分で即日振込

面談や書面でのやり取りは一切不要で、手続きはすべてオンラインで完結します。面倒な書類準備なども必要なく、会員登録をしたその日から利用できます。審査から振り込みまでは最短10分で完了します。

【当サイトおすすめ3社】

当サイトがおすすめするファクタリングサービスはペイトナーファクタリング・QuQuMo・ラボルの3社。
手続きはオンライン完結なので、振り込みまでのスピードが早く手数料も低いです。

【第1位】ペイトナーファクタリング
オンライン完結で面倒な手続き不要。手続きから最短10分で入金完了。取引手数料は10%固定。2社間取引を採用しており、取引先にバレる心配なし。

【第2位】QuQuMo
オンライン完結で入金まで最短2時間手数料率は1%〜14.8%と業界トップクラスの低水準。2社間契約なので取引先にはバレない。

【第3位】ラボル
手続きはオンライン完結で、請求書のアップロードから最短60分で口座に入金。手数料は一律10%で1万円から調達可能。

ペイトナーファクタリングの評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査

ペイトナーファクタリング利用者の良い口コミ・悪い口コミを、SNSや弊社アンケート調査から引用してご紹介します。

良い評判・口コミ

「登録方法や申請手続きが簡単」「必要書類提出から1時間で審査が完了した」といった良い口コミが多い傾向にありました。

不明な点はサポートが手取り足取り教えてくれます。クラウドファクタリングと言っても無人な感じではなく、対応は割と丁寧。 ちなみに私は登録時の銀行口座名義について質問したのですが、ほとんどの人はすんなりと利用できると思います。登録方法や申請手続きはごく単純なので。

不満点はあまりないです。使い勝手は悪くありません。ただ、今どきアプリがないのは少し不便かも。(30代・男性)

(引用:フィジビリ調査)

先日初回利用しました。 最初に本人確認書類と請求書を提出して審査を依頼しました。 資料が不十分とのことで、追加で請求書やり取りの証跡を提出しましたが、合計1時間かからず審査完了のご連絡をいただきました。

申請可能額は10万円までと少額ですが非常に助かりました。 新規登録時にクーポンがあり、利用料率10%から2,000円引いていただけました。(20代・男性)

(引用:フィジビリ調査)

他の請求書買取サービスも利用したことがありますが、ペイトナーファクタリングはいつも安定して素早い入金です。 利用してからは、1ヶ月〜2ヶ月後の予測を立てやすくなり、状況はだいぶ改善してきています。(30代・男性)

(引用:フィジビリ調査)

悪い評判・口コミ

「審査完了の連絡が来ない」といった悪い口コミも見受けられました。

メールの返信がない。 ◯◯日までに審査しますと言われ待っていたが連絡がこない。 こちらから連絡すると酷い見積もりを提示されたので断ることに。 信用できない会社だと感じました。

(引用:フィジビリ調査)

ペイトナーファクタリングの評判から分かるメリット

掛け目を設定していない

掛け目というのは、たとえば「請求書の金額の7割だけを買取り対象とする」といったルールです。

ファクタリング会社はこのような掛け目を設定することで、返済を取りっぱぐれたときのリスクヘッジを行なっています。

ペイトナーファクタリングはこの掛け目を設定していないので、10万円の請求書なら10万円として査定してくれます。

手数料が10%で固定されている

初回利用時も2回目以降の利用時も、手数料は10%で固定です。

一般的なファクタリング会社の手数料と比べると、半分以下の手数料で利用できます。もちろん、初期費用や月額費用は無料です。

手続きはオンライン完結

一般的なファクタリング会社であれば、来店契約や出張契約など、業者と顔を合わせながら手続きを行うケースが多いです。

一方で、ペイトナーファクタリングはオンラインで全ての手続きが完結するので、全国どこにいても、必要なときにいつでも申し込みできます。

手続きフローについても登録→審査→入金ととてもシンプルです。

入金まで最短10分

公式ホームページにも記載がある通り、申し込みから入金まで最短10分で対応してくれます。

売掛金の回収サイトが長く資金繰りが苦しい場合や、金融機関からの借入を待っていたら資金繰りが回らないなど、急ぎの資金が必要な場合にペイトナーファクタリングはおすすめです。

ペイトナーファクタリングの評判から分かるデメリット

初回利用時は25万円の上限がある

ペイトナーファクタリングを利用する場合、利用回数が増えれば増えるほど上限金額もあがっていきますが、初めて利用する方は上限が25万円に設定されています。

もし、ファクタリングの利用は初めてだけど、25万円以上の資金調達を行いたい方は『QuQuMo』がおすすめです。申請から即日で振り込み対応を行なってくれます。

当サイトが最もおすすめするファクタリングサービスについて知りたい方は、関連記事「フリーランスにおすすめのファクタリング10社を徹底比較」もご覧ください。

ペイトナーファクタリングはこんな方におすすめ!

ペイトナーファクタリング』のサービス内容や利用者の口コミを踏まえ、おすすめできる方の特徴は下記の通りです。

・資金繰りに困っているフリーランスや法人
・できるだけ低い手数料でファクタリングを利用したい
・半日以内での振り込みを希望している
・取引先にファクタリングを利用していることを知られたくない

審査を受ける事業者の属性によって、手数料率や入金スピードは異なるので、まずは無料で見積もり依頼することをおすすめします。

申し込みから入金までの流れ

会員登録

ペイトナーファクタリングの『公式サイト』にアクセスし、無料で会員登録を行います。

ユーザー登録に必要なのはメールアドレスのみです。メールアドレスを入力し、パスワードを設定すると、そのメールアドレスに登録確認メールが届きます。そこにあるリンクをクリックし、アカウント認証を行いましょう。

請求書アップロード

会員登録後は、請求書のPDFまたは画像データをアップロードします。取引先へすでに発行済みの請求書が利用対象です。

提出する請求書には、以下の項目が記載されている必要があります。

・請求金額(税込)
・請求日
・振込期限
・請求先会社名
・振込み口座

AIによる審査が行われるので、煩わしい事業計画書類などの提出は不要です。

入金

審査から最短10分で審査結果がメールで届きます。入金も審査完了と同時に行われるので、待ち時間はありません。

取引先から入金があった後は、支払期日までにペイトナー社指定の振込口座に送金しましょう。

ペイトナーファクタリングに関してよくある質問

どんな職種だと利用できる?

請求書を発行するフリーランスの方であれば、すべての業種でご利用可能です。エンジニア、デザイナー、PM、カメラマン、ライターの方など、あらゆる職種でご利用いただいています。

取引先に連絡いくことはある?

ペイトナーから取引先に連絡することは原則としてございません。ただし、ペイトナーへの振込が遅れる場合は、取引先に連絡させていただくことがあります。

申請から入金までどのくらい時間かかる?

申請をいただいてから、平日の営業時間内であれば最短10分で審査が完了します。審査完了が正午を過ぎた場合、先払いは翌営業日になる可能性があります。

正午前に審査が完了した場合、営業日であれば当日中の先払いとなります。

法人でも利用できる?

利用いただけます。フリーランスだけでなく、法人でもたくさん利用いただいております。

借入れやローン審査に影響は出ない?

銀行やクレジットカードの審査とは異なり、信用情報機関に照会されることはないため影響はありません。

(引用元:公式サイト)

この記事の監修者
株式会社フィジビリ
株式会社フィジビリ
編集部
当社では、フリーランス専門のシェアハウス事業とWebメディア事業に加え、ITフリーランスのネットワークを活かし、Web戦略/マーケティング支援事業を行なっております。当記事は、フリーランス歴5年以上のエンジニア・デザイナー・マーケターが執筆・監修しています。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました