退職代行サービス
PR

2024年版!男の退職代行の評判・口コミは?メリット・デメリットも解説

株式会社フィジビリ 編集部

男の退職代行は、男性専門の退職代行サービスです。本記事では男の退職代行利用者の評判・口コミをもとに、メリットとデメリットを併せて解説します。

男の退職代行の口コミ・評判まとめ

◎ 早朝から対応してくれ即日退職できる
◎ 退職時の条件交渉が可能
◎ LINEで気軽に退職相談・依頼できる
△ 退職癖がついてしまう
× 女性はサービスを受けられない

最初に確認!
男の退職代行の基本情報
運営元合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」
料金(税込)正社員/派遣社員:26,800円 / アルバイト/パート:19,800円
相談方法LINE / メール
対応地域全国(即日対応可能)

男の退職代行』は、男性専門の退職代行サービスです。職場で抱える男性目線の悩みを把握したうえで、会社とのやり取りを代行し、退職に対する悩みを解決してくれます。

男の退職代行の特徴は、以下のとおりです。

  • 転職フォローと最大5万円の転職祝い金
  • LINEで相談が完結
  • 24時間365日対応(即日退職可能)
【当サイトおすすめ2社】

当サイトがおすすめする退職代行サービスは退職代行ニコイチ・退職代行ガーディアンの2社。有休消化のサポートや退職金・残業代の請求、即日対応してくれる退職代行サービスをお探しの方におすすめ。

【第1位】退職代行ニコイチ
退職代行実績4.6万名以上と業界最多。全国対応で即日退職可能。退職成功率100%で有休消化のサポートあり。退職後は離職票の受取や貸与物の返却なども代行。

【第2位】退職代行ガーディアン
法適合の労働組合が運営しており、退職時の条件交渉(残業代/有給取得/退職金の請求)に強い。料金は24,800円。

男の退職代行の評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査

男の退職代行利用者の良い口コミ・悪い口コミを、SNSや弊社アンケート調査から引用してご紹介します。

良い評判・口コミ

「料金が安く、費用対効果が高い」「24時間365日対応でいつでも相談できる」「即日で退職できた」「依頼から実施までの流れがスムーズ」といった良い口コミが多い傾向にありました。

他の退職代行サービスと比較しても、男の退職代行は料金が安く、費用対効果が高いと感じました。手続きもスムーズで、ストレスなく退職できました。

(引用:フィジビリ調査)

24時間いつでも相談できるのがありがたかったです。夜遅くに退職を決意したときも、すぐに対応してもらえて心強かったです

(引用:フィジビリ調査)

・派遣の仕事を始めたばかりでも、最短で辞めることができた。
・ネットでの評価が高く、その評価通りの対応で安心することができた。
・希望した内容をすべて会社に伝えてもらうことができた。
・派遣先・派遣会社とも連絡を取らずに退職の手続きが進められ、即日退職ができた。(接客・販売 22歳 派遣社員)

(引用:フィジビリ調査)

・いつ質問を送ってもすぐに返事をもらうことができたので、安心して申し込みができた。
・安い料金でも依頼から実施までの流れがスムーズで退職後に必要な手続きも丁寧に教えてもらえた。
・上司からのパワハラから解放されることができて、気持ちに余裕ができた。
・男性の退職代行サービスで1位に選ばれていて、安い値段でも心配なことなく当日で退職できた。
(配送・ドライバー 24歳 正社員)

(引用:フィジビリ調査)

・料金が比較的安いので心配だったが細かい要望などもしっかりとヒアリングをしてくれ、安心して手続きを任せられた。
・辞めると言い出せなかったのを代わりに退職を言ってもらえて心が救われた。
・希望していた即日退職をすぐにかなえてくれた。
・サポート期間や転職サポートなどのサービスも充実していた。
・即日退職ができて転職活動がスムーズに進められた。
(事務 25歳 契約社員)

(引用:フィジビリ調査)

・他の退職代行サービスでは断られたが、男の退職代行では公務員でも退職代行サービスを実施してくれた。
・深夜に問い合わせをしてもすぐに返信をもらえたので安心できた。
・ランキングサイトでも評判が良かった。
・退職代行サービス実施後もアフターサポートがあったので、安心して利用できた。
(公務員 20歳 正社員)

(引用:フィジビリ調査)

・希望通り、即日退職ができた。
・辞める決意をして依頼をしてから対応が早かった。
・他社の退職代行サービスと比較して料金が安いと思った。
・会社の人と直接話すことなくすぐに辞めることができた。
(工場勤務 20歳 正社員)

(引用:フィジビリ調査)

悪い評判・口コミ

「退職後のサポートがない」「担当者によって対応に差があった」「やりとりがラフ過ぎて心配になった」といった悪い口コミも見受けられました。

退職手続き自体はスムーズでしたが、退職後のサポートは特になかったのが残念でした。

(引用:フィジビリ調査)

最初に対応してくれた担当者は丁寧でしたが、途中で担当者が変わり、対応が少し雑になったと感じました。

(引用:フィジビリ調査)

ラインというラフすぎるやりとりがとても迅速で返事も早いし、助かったが若干大丈夫かと不安もあった。
(人材コーディネーター 26歳 正社員)

(引用:フィジビリ調査)

男の退職代行の評判から分かるメリット

退職代行費用が業界最安

男の退職代行の料金は、社員26,800円、アルバイト19,800円です。退職代行業界の相場は、20,000〜50,000円程度なので、業界最安基準の価格帯といえます。

退職代行では、追加料金が発生する場合もありますが、男の退職代行では追加料金は一切発生しません。

転職フォローと最大5万円の転職祝い金

男の退職代行は、退職後のフォロー体制が万全です。「ワークポート」「株式会社みらい人事」「株式会社レゾナンス」という3つの会社と提携し、退職後の転職までサポートしてくれます。

さらに、転職後3か月勤務の条件を満たせば最大5万円の転職祝い金も受け取れます。「退職後、転職できるだろうか?」「収入がなくなったらどうしよう・・・?」と悩まれている方も多いでしょう。そんな中、退職後の転職フォロー体制、更にお祝い金まで貰えるのは嬉しい制度ですね。

LINEで相談が完結

男の退職代行ではLINEで相談できます。電話で相談するとまとまった時間が必要になりますよね。

一方で、LINEであれば仕事の合間で相談できるので、忙しい方には非常に嬉しいですね。

24時間365日対応

男の退職代行では24時間365日対応しています。「退職の相談をしたいのが休日なのに、連絡が返ってこない・・」そんな悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

男の退職代行では24時間365日対応なので、休日はもちろんのこと、仕事前の早朝、仕事後の深夜などに連絡をとることも可能です。忙しいビジネスパーソンにとって嬉しいメリットですね。

返金保証付き

男の退職代行では、返金保証の制度があります。退職という明確な結果を求めるサービスにおいて、「結果がでない場合に支払いを請求されたら・・」なんて不安はつきものです。

男の退職代行では、万が一失敗した場合にも、支払った料金が返ってくる全額返金保障制度を設けています。

現在は、サービス開始以降退職率100%を誇っているので使われたことはないようですが、もしもの場合に対しても、利用者が損をしない仕組みが準備されているので安心感がありますね。

退職時の条件交渉が可能

男の退職代行では、合同労働組合「退職代行ユニオン」が退職代行業務を実施します。通常の退職代行では退職の条件交渉は弁護士以外には、法律上認められていません。

一方で、労働組合が行う退職代行サービスは日本国憲法第28条労働組合法によって団体交渉が保証されています。団体交渉として、以下の条件については交渉可能です。

・未払い賃金の支払い
・残業代の支払い
・有給の消化

もちろん弁護士のようにすべてをフォローできる訳ではありません。しかし、交渉したい内容が上記の条件にあてはまるようであれば、弁護士を抱えているサービスより低価格で利用できます。

男の退職代行の評判から分かるデメリット

女性はサービスを受けられない

男の退職代行はその名の通り、男性専用の退職サービスです。

サービスの仕組みが気に入っても女性は利用できないので、この点はデメリットになるかと思います。

当サイトがおすすめする退職代行サービスについて知りたい方は、関連記事「おすすめの退職代行サービス10社を徹底比較」もご覧ください。

男の退職代行はこんな方におすすめ!

男の退職代行』のサービス内容や利用者の口コミを踏まえ、おすすめできる方の特徴は下記の通りです。

・業界最安級の退職代行サービスを利用したい
・労働組合のサポートを受けて退職時の条件交渉を行いたい
・深夜や早朝にも相談できる退職代行サービスを探している
・全国対応・即日対応してくれる退職代行サービスを探している

男の退職代行では、依頼した当日に退職手続きを進めてくれるので、「今すぐに会社を辞めたい」「職場の人と顔を合わせず退職したい」という方におすすめです。

この記事の監修者
株式会社フィジビリ
株式会社フィジビリ
編集部
当社では、フリーランス専門のシェアハウス事業とWebメディア事業に加え、ITフリーランスのネットワークを活かし、Web戦略/マーケティング支援事業を行なっております。当記事は、フリーランス歴5年以上のエンジニア・デザイナー・マーケターが執筆・監修しています。
記事URLをコピーしました