2024年版!キャリドラの評判・口コミは?メリット・デメリットも解説

soji

キャリドラは、最短3ヶ月の短期集中でキャリアアップを支援するパーソナルトレーニングサービスです。

当記事ではキャリドラの評判について、実際コーチングを受けたユーザーの口コミや独自アンケートの結果をもとに、メリット•デメリットを徹底検証していきます。

フィジビリ編集長・辻本
フィジビリ編集長・辻本
キャリドラの口コミ・評判まとめ

◎ 求人紹介に固執しないキャリアサポートを受けられる
◎ 無料カウンセリングでも学びが得られる
◎ 理想のキャリア設計を一緒に考え伴走してくれる
◎ オンライン完結なので全国どこからでも受講できる
◎ 自己分析を通して自分の人生の軸を見つけられた
× 求人は紹介してもらえない
× 利用者は10代~30代に限られる

最初に確認!
キャリドラの基本情報
運営会社株式会社カメレオン
料金月額21,000円〜
コース一覧ハイキャリアコース:3ヶ月
エキスパートコース:4ヶ月
プロフェッショナルコース:6ヶ月
対象地域全国(オンライン完結)

キャリドラ』は、最短3ヶ月の短期集中でキャリアアップを支援するパーソナルトレーニングサービスです。

外資系金融機関出身者や大手企業出身者などのプロのトレーナー陣が、個人のキャリア形成に寄り添ったキャリアコーチングを行なってくれます。

キャリドラの特徴は、以下のとおりです。

  • 再現性が高く高確率でキャリアアップできる
  • 採用担当者目線のトレーニングで実践的なスキルアップ
  • 転職後の活躍を見込んだカリキュラム
  • 転職に成功した先輩たちが専属トレーナーを務める
【当サイトおすすめ2社】

当サイトが特におすすめするキャリアコーチングはキャリドラ・ポジウィルキャリアの2社。自己分析や人生設計、転職・キャリアアップ支援など、相談内容に応じた包括的なキャリアサポートを行ってくれます。

【第1位】キャリドラ
最短2ヶ月の短期集中でキャリアアップを目指せる。採用担当者目線の実践的なトレーニング。再現性が高く高確率でキャリアアップできる

【第2位】ポジウィルキャリア 
中長期的なキャリア設計サポートが強み専属コーチによるマンツーマンコーチングを通じて、自己分析・キャリア設計・面接対策・履歴書添削などのサポートを受けられる。

キャリドラの評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査

実際に、キャリドラを活用したユーザーの、ネット上に寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

キャリドラのポジティブな評判で多かったのは「無料カウンセリングがとても有益だった」「自己分析を通して転職活動の軸を見つけられた」という口コミです。

なんかインスタから流れてきたキャリドラっていう転職支援の無料カウンセリング受けた!結論めちゃ良くて即決w1回目の転職でミスマッチやらかして半年で辞めたからもうプロと頑張る🥲

あとコーチ?講師?の人がめちゃ優しくて心に沁みた🥲

(引用元:X)

多くの人にとって「どう働くか」は「どう生きるか」に繋がると思うけれど
キャリドラを受講して転職を踏まえて自分が今後どう生きたいかの方向性を明確に出来たことで、心が迷子にならずに人生の中で納得のいく選択が出来ました!

(引用元:X)

コーチのおかげで日々楽しく過ごせています。

自分を客観的にみて自分を知る事で自分の強みが何か知ることが出来ました🤔

毎日が✨ワクワク✨で次回のセッションも楽しみです^ – ^

(引用元:X)

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「質問に対して明確な回答が返ってこない」「無理に営業された」といったネガティブな口コミも見受けられました。

昼職探したくてキャリドラの無料相談受けてみたけど、
成功例をただ話されて、質問に対しても明確な回答が返ってこなくて何をしてくれるのか分からんかった。
どうでもいい世間話して料金も教えてくれなくて怪し過ぎた。「めちゃくちゃ準備すれば転職は出来ます!」って言われたけどあたりまえ体操。

(引用元:X)

転職支援サービスのキャリドラってとこと2回カウセしました。
60万~150万の契約なので、こちらとしても他社との比較をしたかったのですが、その日に契約するかしないかを迫られました。
比較して、次はいつ面談できるのかを決める際も、こちらも仕事をしているわけで、2時間を捻出するのは

(引用元:X)

キャリドラの評判から分かるメリット

採用担当者目線で作られたカリキュラム

キャリドラは、採用担当者目線で作られたオリジナルカリキュラムを提供しています。理想のキャリアを実現するために「自己分析」「進路研究・選択」「キャリアトレーニング」の3つプログラムから構成されています。

自己分析:現状・過去分析、ストレングスファインド®(自己分析ツール)
進路研究・選択:適正業界研究、理想像・ロードマップの制定
キャリアトレーニング:企業研究、書類審査・適正試験・面接対策、内定時条件交渉、退職交渉

具体的には、ストレングスファインド®と呼ばれる自己分析ツールを使用して、自分の強みや課題点を分析します。

その後、「適正合致度が高い」「稼げる」などから職種・業界のゴールを設定し、 ロードマップを制定して行動に移していきます。

選考対策が充実している

キャリドラは、面接などの選考対策が充実している点に定評があります。基本的な書類審査対策や適性試験対策、面接対策はもちろんのこと、内定後の交渉や退職の交渉方法までトレーニングしてくれます。

特に、面接対策においては三段階用意されており、採用担当者目線で作られたキャリドラならではのオリジナルカリキュラムとなっています。

無料カウンセリングでも学びが得られる

キャリドラでは無料カウンセリングを受けることができます。

仕事の状況や目標の年収、理想のライフスタイルなどをヒアリングして、それを達成するための明確な転職プランを立案してくれます。

X上の口コミをのぞくと「無料カウンセリングだけでも気づきや学びがあった」というポジティブな口コミが多数見受けられました。

なんかインスタから流れてきたキャリドラっていう転職支援の無料カウンセリング受けた!結論めちゃ良くて即決w1回目の転職でミスマッチやらかして半年で辞めたからもうプロと頑張る

あとコーチ?講師?の人がめちゃ優しくて心に沁みた

(引用元:X)

オンライン完結なので全国どこからでも受講できる

キャリドラのコーチングやトレーニング、無料カウンセリングは全てオンライン上で行われます。

わざわざオフィスに足を運ぶ必要がないので、地方在住の方や多忙な方でも無理なく受講できます。受講の際は、Web会議サービスであるZoomを事前に用意しておく必要があります。

キャリドラの評判から分かるデメリット

求人は紹介してもらえない

キャリドラでは、求人紹介に固執しないキャリアサポートを強みとしており、自社で求人を保有していません。

場合によっては、転職活動するよりも、今の会社でスキルや能力を磨いて昇進を目指すというキャリア目標を立てることになるかもしれません。

すでに転職することを決めている方や、希望条件に合わせて求人を提案してほしいという方は、転職エージェントと併用しながらキャリドラを受講することをおすすめします。

利用者は10代~30代に限られる

キャリドラでは、受講者の年齢を18歳~39歳に制限しており、40代以上の方はキャリドラを受講できません。

年齢に関わらずキャリアコーチングを受けたいという方は『きづく。転職相談』を受講されることをおすすめします。

当サイトが最もおすすめするキャリアコーチングサービスについて知りたい方は、関連記事「キャリアコーチングおすすめ9社を徹底比較」もご覧ください。

キャリドラはこんな方におすすめ!

キャリドラ』のメリット・デメリットを踏まえ、キャリドラの活用をおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

・漠然としたキャリアの不安を抱えている
・キャリアアップするためのノウハウを身に付けたい
・転職や起業を成功させたい
・現状を変えたいが、何をしたらいいか分からない
・プロのコーチから将来設計のアドバイスをもらいたい
・転職エージェントのキャリアカウンセリングでは物足りない

キャリドラでは無料でキャリア相談の機会を設けています。無料ではあるものの、経験豊富なコーチ陣がキャリア相談に乗ってくれるので、公式サイトから依頼されることをおすすめします。

この記事の監修者
辻本 拓磨
辻本 拓磨
株式会社フィジビリ 代表取締役
同志社卒→株式会社リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を湘南でオープン | 企業のWeb戦略/マーケティング支援を行いながら、業界最大手のフリーランス専門メディアを運営中。
記事URLをコピーしました