2024年版!ワークポートはやばい?評判・口コミや体験談を徹底調査

soji

ワークポートでは、様々な業界・職種の求人を保有していますが、特にIT業界・クリエイティブ系の職種への転職支援に強みがあります。

当記事ではワークポートの評判について、実際に利用したユーザーの口コミや独自アンケートの結果をもとに、メリット•デメリットを徹底検証していきます。

フィジビリ編集長・辻本
フィジビリ編集長・辻本
ワークポートの口コミ・評判まとめ

◎ エンジニア向けの求人・転職サポートに強い
◎ 求職者と企業のマッチング精度が高い
◎ キャリアアドバイザーがIT業界に精通している
◎ 書類選考の通過率が高い
× アドバイザーに当たりはずれがある

最初に確認!
ワークポートの基本情報

ワークポート』では、様々な業界・職種の求人を保有していますが、特にIT業界・クリエイティブ系の職種への転職支援に強みがあります。

ワークポートの特徴は、以下のとおりです。

  • 未経験可の求人を数多く保有している
  • 担当者のレスポンスが早くスピード感のある転職が可能
  • 業界に精通したコンサルタントが添削してくれるので、書類選考の通過率が高い
【当サイトおすすめ2社】

当サイトがおすすめするIT転職エージェントはレバテックキャリア・ギークリーの2社。IT業界のスタートアップや大手企業の求人、エンジニア・デザイナー・マーケターなどWebクリエイター向けの求人が豊富。

【第1位】レバテックキャリア
ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。希望企業への転職成功率96%。転職成功者の80%が年収UPを実現

【第2位】ギークリー
IT企業の求人数が豊富で、1人あたりの提案求人数は平均48件。年収UP率は81%、平均年収UP額は76万円。

ワークポートの評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査

実際に、ワークポートを利用しているユーザーの、Xに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

ワークポートのポジティブな評判で多かったのは「面談当日にたくさんIT求人を紹介してもらえた」という口コミです。

今日、ワークポートの面談に行ってきました。面談当日なのに、希望にあった企業を何十社も紹介してくれてビックリ!

噂どおり?事務的な感じでしたが、個人的には相性良さげです。これから当分は課題2:転職活動8で動いていく予定。

(引用元:X)

今日はワークポートの面談に行ってきた!
約90分程度、職歴や希望職種などについて相談。そして大量の求人を紹介してもらった。
やはりIT系に強いだけあってかなりの数を紹介してもらえます。

的を絞り過ぎない方が良いとのことなので、少しでも良いなと思ったらガンガン応募していきます!

(引用元:X)

ワークポートの面談行ってきたけどめっちゃ良かったな。色々話聞いて貰えたし自分がこれからどうなって行きたいのかしっかりヒアリングして貰えた!逆にパソナは電話で済まされたし事務的だったし微妙だった
まぁ結局誰が担当になるかが重要なんだろうね

(引用元:X)

昨日3社目になる転職エージェントさん(ワークポート)と面談。

他の会社ではなかなかマッチするとこがないって言われるwebマーケの求人をたくさん出してくれました。8社その場で選んでエントリー。会社によって言うことも求人も違うから、複数社に登録することをオススメします!

(引用元:X)

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「求人を紹介してもらえない」「担当者がころころ変わる」といったネガティブな口コミも見受けられました。

ワークポートさんからは、お前に紹介する職はない
と明言されていますが毎週のように各エージェントから求人案内が届きついにトヨタの求人担当者様からも来た
どうなっとんねん

(引用元:X)

ワークポートで推薦不可になる案件、リクルートエージェントだと通ったぞ!

(引用元:X)

ワークポートっていう転職エージェントからたくさん期待するようなスカウトメールが毎日くるけど(1人からではなく数十人から)1度面談したらそれで終わり。求人もさらっと共有されるだけ。しかも面談した方は最初に連絡くれた方ではなく当日になって違う人だった。全てブロックしたい。

(引用元:X)

ワークポートの評判から分かるメリット

IT/Web/ゲーム業界の転職サポートに強い

ワークポートが保有しているIT業界の求人数は、現時点で2万件を超えており、創業以来IT・Web・ゲーム業界の転職支援を行っているため、業界との繋がりも太く、ワークポート独自の求人が豊富です。

ワークポートが保有している職種の種類も、以下のように豊富です。

・ソフト開発・システムエンジニア
・通信・インフラエンジニア
・ゲーム制作関連
・マーケティング・プロモーション系
・クリエイティブ職
・ヘルプデスク・ユーザーサポート
・ものづくり系エンジニア

ワークポートには、IT業界に精通したキャリアコンサルタントが在籍しているので、求職者の市場価値を正しく判断した上で求人を紹介してもらえます。

書類選考の通過率が高い

ワークポートでは、IT・Web・ゲーム業界に精通したコンサルタントが履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるため、書類選考の通過率が高いです。

また、面談では経験やスキルの棚卸しを行ってくれるため、書類に盛り込むべきアピールポイントを的確に指示してくれます。

担当者の対応が早く急ぎの転職ができる

ワークポートの初回連絡は、登録当日~3営業日以内に行なうことが原則になっています。

登録すれば当日中に面談の連絡がくることがほとんどなので、退職から間を置かずに転職活動を始められます。面談が終わるとすぐに求人を紹介してもらえるので、スピード感のある転職を求める方におすすめです。

キャリア形成の観点から言えば、転職までの空白期間は無いに越したことはありません。

紹介される求人数が豊富

ワークポートでは、面談終了直後にキャリアコンサルタントから20〜30件ほどの求人を紹介してもらえます。豊富な選択肢の中から、自分の希望に合う求人を取捨選択できる点が大きなメリットです。

ワークポートでは、初回面談の際にキャリアアドバイザーが求職者のスキルや実務経験をヒアリングし、適正な年収額や求人を提示してくれます。
まずは自分の市場価値を知りたいという方は、キャリア面談(無料)をおすすめします。

ワークポートの評判から分かるデメリット

対応の悪い担当者に当たることもある

ワークポートには、熱心にサポートしてくれるキャリアアドバイザーが多く在籍していますが、中には対応が良いとは言えない担当者もいるようです。以下はX上で見つかったユーザーの口コミです。

ワークポート私も初回面談行ったことあるんですけど対応適当すぎて笑っちゃいました。笑

ワークポート「先行進んでる企業ありますか?」

私「〇〇と△△」

ワークポート「よく知らない会社ですけど、(HP横目で見つつ)あんまり良くなさそうですね〜w」

は???ってなりました

(引用元:X)

担当者によっては、性格や相性によってはコミュニケーションを取りにくい場合もあります。もし対応の悪い担当者や相性が合わない担当者に当たったら、早めに変更を申し出ましょう。

IT業界・エンジニア転職に強い転職エージェントについて知りたい方は、関連記事「IT業界に強いおすすめの転職エージェント10選」もご覧ください。

この記事の監修者
辻本 拓磨
辻本 拓磨
株式会社フィジビリ 代表取締役
同志社卒→株式会社リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を湘南でオープン | 企業のWeb戦略/マーケティング支援を行いながら、業界最大手のフリーランス専門メディアを運営中。
記事URLをコピーしました