2024年版!ぬるま湯デザイン塾の評判・口コミやメリット・デメリットを解説

株式会社フィジビリ 編集部

ぬるま湯デザイン塾では、フリーランスで働く現役のWebデザイナーが専属の講師となり、マンツーマンでサポートしてくれます。

本記事ではぬるま湯デザイン塾受講者の評判・口コミをもとに、メリットとデメリットを併せて解説します。

フィジビリ編集長・辻本
フィジビリ編集長・辻本
ぬるま湯デザイン塾の口コミ・評判まとめ

◎ オンライン完結で自分のペースで学習できる
◎ 現役のデザイナー講師にアドバイスをもらえた
◎ 完成度の高いポートフォリオができる
△ 自学自習できる人にはおすすめ
× 通学では学べない
× 受講料が高い

最初に確認!
ぬるま湯デザイン塾の基本情報

ぬるま湯デザイン塾』は、オンラインで学習教材を試聴できるので、24時間いつでもどこでも自分のペースで学習を進めることができます。

ぬるま湯デザイン塾の特徴は、以下のとおりです。

  • 約2時間の無料セミナー開催中
  • フリーランスのWebデザイナーを目指す方におすすめ
  • Webデザイン+コーディングスキルが身に付く

フリーランスで働く現役のWebデザイナーが専属の講師となり、マンツーマンでサポートしてくれます。チャットでの質問・相談はいつでも可能です。

【目的別おすすめスクール3選】

当サイトが特におすすめするWebデザインスクールはDMM WEBCAMP・インターネットアカデミー・ヒューマンアカデミーの3校。

【第1位】DMM WEBCAMP
オンライン完結でコスパ良く、自分のペースで学びたい方におすすめ!
オリジナルデザインのサイトを制作する実践的なカリキュラム。 PhotoshopやIllustrator、コーディングなどWebサイト制作に必要なスキルを網羅的に学習。

【第2位】インターネットアカデミー
通学とオンラインのブレンドで学びたい方におすすめ!
Web制作会社が運営する本格的なカリキュラム。現役のWebデザイナー講師がマンツーマンで対応。

【第3位】ヒューマンアカデミー
通学しながら学習し、未経験から最短でエンジニア転職を目指す方におすすめ!
未経験からのエンジニア転職成功率90.9%。

ぬるま湯デザイン塾の評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査

ぬるま湯デザイン塾受講者の良い口コミ・悪い口コミを、SNSや弊社アンケート調査から引用してご紹介します。

良い評判・口コミ

「完成度の高いポートフォリオができた」「講義を聞くのが楽しい」といった良い口コミが多い傾向にありました。

別のスクールでWebデザイナーのコースを受講したが、このままでは仕事ができないと思い、ぬるま湯塾を受講。実務に沿っていて、課題をこなして行くとポートフォリオに載せられるレベルの作品がいくつか出来上が理ます。

またポートフォリオサイトの作成やクラウドソーシングでのプロフィールの作り方などもカリキュラムに組み込まれているので、仕事を取りに行く準備が整えられます。自身も少額ながら、ぬるま湯塾を受講してクラウドソーシングで仕事の受注ができました。

コースでは、HTML、CSSについてのレクチャーはほぼ無いです。自身は別のスクールで学んだ為多少知識があり、それが課題を進める上でも役に立ちましたが、全く知識のない人は課題クリアには苦労するかもしれません。
卒業後も質問ができる仕組みや、他の塾生と交流ができるイベントがあったりと、コミュニティとして成立しています。

(引用:フィジビリ調査)

【勉強記録107日目】
✔︎セミナー受講
ぬるま湯デザイン塾

コードを学ぶことがWebデザイナーじゃなくて、クライアントがどれだけ利益が出るかを考えないといけないと気付かされました。

(引用元:X)

2022.1月「ぬるま湯デザイン塾」

尾上博輝塾長より修了証をいただきました。

40代になり次の目標としてWEBデザイナーを志し、昨年10月より、「ぬるま湯デザイン塾」へ入塾しました。実践的な課題をこなし、3ヶ月間はあっという間でした。

(引用元:X)

ヤバい・・ガチなデザインマーケターの添削講義めっちゃ面白い。

あの手この手でモノを伝えて、望む心象を現実化させる。時は稼ぐ。時には仲間づくり。デザイン/ライティング/マーケの総合芸術や・・・ヤバすぎる

(引用元:X)

悪い評判・口コミ

「受講料が高い」といった悪い口コミも見受けられました。

ぬるま湯デザイン塾が良さげだと思った。でも、料金高過ぎたので、諦め。

(引用元:X)

ぬるま湯デザイン塾の無料説明会の様なものを拝聴した。ハートが熱い講師。興味をもったけれど、ハードな内容なので始めるなら来年かなぁ。でも受講料もなかなかなのでなやましい。

(引用元:X)

ノーコードでのWeb制作をゴール地点としているため、卒業後の受注可能な案件は少ない。教養スペースにて、無料添削やデザインに関しての特別講義が付いている(受講料に含まれている内容)ため、デザインの勉強を卒業後も教養スペースが利用可能な点はメリットです。

卒業後に受注可能な案件としては、ノーコードを用いたWeb・LP制作までになる。illustratorの講義はありませんのでDTP系のデザインは難しいです。

(引用:フィジビリ調査)

ぬるま湯デザイン塾受講者の評判から分かるメリット

マンツーマンで学習をサポートしてもらえる

受講生1人に対して講師が1人つくマンツーマン形式のサポート体制となっており、気軽に質問・相談ができる環境が整っています。

講師はぬるま湯デザイン塾の卒業生が多く、実際にカリキュラムをやり切っている方が講師をしているので、受講生の気持ちに寄り添って指導してくれます。

無料セミナーへの参加で豪華特典がもらえる

ぬるま湯デザイン塾では、計2時間の無料セミナーを定期開催しています。セミナー参加者には、以下の特典が無料配布されます。

①WEBデザイン1年生の教科書
②失敗しないスクール選び
③フリーランスまでのロードマップ
④フリーランスで収入を最大化させる仕組み
⑤未経験者向け 次世代型サイト作成術
⑥失敗しないデザイン制作ガイド
⑦Photoshopの基本操作30選

無料セミナー兼説明会の累計参加者は8万名を超えており、満足度は96%以上と非常に高い水準なので、受講を検討している方はぜひ参加してみてください。

案件の獲得方法を教えてもらえる

フリーランスのWebデザイナーとして独立を目指している方向けに、案件の獲得方法や仕事の進め方についても指導しています。

受講生は、卒業後も講師とチャットを続けることができるので、仕事で行き詰まったことがあれば気軽に相談できます。

一般的なWebデザインスクールは、卒業後は繋がりが切れてしまうことがほとんどなので、講師がメンターとして支え続けてくれるので心強いですね。

ぬるま湯デザイン塾受講者の評判から分かるデメリット

カリキュラム内容が少しハード

公式サイトにも記載がありますが、最低でも200時間分の学習時間を確保する必要がある明記されています。受講期間である3ヶ月間は毎日学習すると仮定しても、毎日2〜3時間程度の学習が必要となります。

Webデザインに関して全くの初心者だと、より多くの時間が必要となるので、マイペースに学習を進めたい方には向いていないかもしれません。

中長期(2〜6ヶ月)でじっくり時間をかけて、現場で通用するWebデザインスキルを身に付けたい方は『DMM WEBCAMP』がおすすめです。

受講料がやや高め

ぬるま湯デザイン塾の受講料は3ヶ月で税込431,000円と、他の大手Webデザインスクールと比較するとやや高額な料金設定となっています。

中には、20万円前後の料金で受講できたり、教育訓練給付制度の適用で80%近い受講料が割引になるデザインスクールも存在するので、他校と比較検討したい方は以下の記事をチェックしてみてください。

当サイトが最もおすすめするWebデザインスクールについて知りたい方は、関連記事「おすすめのWebデザインスクール10校を徹底比較」もご覧ください。

ぬるま湯デザイン塾はこんな方におすすめ!

ぬるま湯デザイン塾』のカリキュラム内容や受講者の口コミを踏まえ、おすすめできる方の特徴は下記の通りです。

・Webデザイン初学者の方
・Webデザイン+コーディングを学びたい方
・案件の獲得方法を勉強してフリーランスを目指したい方
・オンラインで自分のペースで学習したい方

ぬるま湯デザイン塾では、Webデザインのトレンドに合わせてカリキュラム内容を更新したり、受講料割引キャンペーンを実施しているので、最新のスクール情報を知りたい方は無料説明会に参加しておきましょう。

ぬるま湯デザイン塾に関してよくある質問

ぬるま湯デザイン塾はどんな塾?

現役WEBデザイナー・現役コピーライター・現役マーケター・現役経営者である塾長尾上監修の元、現役フリーランスのWEBデザイナーであるエキスパート講師陣がWEB上でマンツーマン指導し、カリキュラムをご活用いただく事で一流のWEBデザイナーを目指していただく学習塾です。

誰でも参加できる?

一般募集はしておらず、セミナーに参加していただいて、その話を聞いた上でやってみたいと本気で思ってくれる方限定となっています。なぜなら、このプロジェクトは限られた人数でないといわゆる「個別指導」することは難しいと思われるからです。

本当にレベルアップしたいと思っている方、今まで色々なスクールを試したけどダメだった方、変わりたいと強く考えている方だけに是非参加いただきたいと思っています。

受講費以外で必要になる費用はある?

Photoshopとレンタルサーバー代の2点です。
どちらも月額1000円前後程です。Photoshopはデザイン作成ツール、レンタルサーバー代はご自身の自己紹介ページとなる「ポートフォリオサイト」にかかる費用です。

全くの初心者ですが問題ありませんか?

問題ありません。全くの初心者の方でもオリジナルサイトを複数制作できるレベルまで、エキスパート講師陣が全力でサポートします。ただし、学習時間を確保の上、しっかり自習して学習を進めることが前提になります。

(引用元:公式サイト)

この記事の監修者
株式会社フィジビリ
株式会社フィジビリ
編集部
記事URLをコピーしました