IT系おすすめ副業
PR

Flutterエンジニアが副業で稼ぐには?週2日・土日稼働可能な案件の探し方

株式会社フィジビリ 編集部

Flutterエンジニアとして副業を始めたいものの、案件の獲得方法や営業力に不安を感じていませんか?

「営業経験がないから、副業案件を獲得するのは難しいんじゃないか」
「自分のスキルや経験で、どんな案件を獲得できるんだろう」

そんな不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。実は、フリーランスエージェントなどのサービスを活用すれば、営業経験がなくても副業案件を獲得できます。

本記事では、Flutterエンジニアが副業案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場について解説します。

エンジニアにおすすめ!
おすすめ副業案件サイト
サービス名【第1位】
ITプロパートナーズ
【第2位】
レバテックフリーランス
総合評価
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
案件数約4,000件約15,000件
特徴フルリモート案件・週2〜3日で稼働できる案件が豊富案件数・利用者数・知名度ともに業界No1
支払いサイト20日サイト15日サイト
公式サイト公式サイト公式サイト

Flutterエンジニアの仕事内容・単価相場

Flutterは、単一のソースコードでiOS、Android、Webに対応したアプリを開発できるフレームワークです。プログラミング言語であるDartを使用しており、FlutterとDartの特徴は以下の通りです。

  • マルチプラットフォームに対応
    • FlutterはiOS、Android、Webのアプリを同じコードベースで開発できるので、開発効率が高いです。
  • Dartの特性
    • C++やJavaScriptの影響を受けた言語であり、これらの言語経験者はスキル習得が容易。
    • 静的型付けをサポートし、型推論によってコードを簡潔に記述できます。また、null安全を提供しており、実行時のnull例外を防ぐことができます。
  • フリーランス案件に多様性がある
    • Flutterは、iOSアプリやAndroidアプリ開発に関連する案件が豊富です。
    • リモートワークや柔軟な稼働スケジュールを選択できる案件も多いため、副業に最適です。

副業エージェントである『ITプロパートナーズ』で公開されているFlutter案件の平均単価は61万円/月でした。

Flutterは週2日・フルリモートで参画できる副業案件が多く、実務経験が3年以上あるFlutterエンジニアはエージェント経由で案件を紹介してもらえます。

Flutterの副業案件を獲得する方法

Flutterエンジニアが営業工数をかけず、かつ安定して副業案件を獲得するには、フリーランスエージェントを活用することが最も有効です。フリーランスエージェントを活用するメリットは以下の通りです。

  • 営業工数がゼロになる
  • 高単価な副業案件を紹介してもらえる
  • 週1〜2日から稼働できる
  • フルリモートOKなど柔軟な案件を紹介してもらえる

Flutterの副業案件をお探しの方は以下の副業エージェントがおすすめです。

ITプロパートナーズ | 週2日・土日稼働可能な副業案件が豊富

ITプロパートナーズ』は、株式会社Hajimariが運営するITフリーランス専門エージェントです。2015年に創業し、ITフリーランスの支援実績は7万名を超えています。

ITプロパートナーズの特徴は、以下のとおりです。

  • エンド直の高単価案件が多い
  • 週2日から稼働できる
  • フルリモートOKなど柔軟な案件が豊富
  • 複数案件掛け持ちしたい方にもおすすめ

週2日から稼働できるFlutterの副業案件も公式サイトに掲載されているので、案件の詳細が知りたい方はぜひチェックしてみてください。

レバテックフリーランス | Flutterの副業案件数は業界No1

レバテックフリーランス』は、求人数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーランス専門エージェントです。レバテックフリーランスの特徴は、以下のとおりです。

  • 求人数・利用者数・知名度ともに業界No1
  • エンジニア向けの副業案件が豊富
  • スキル別に専任カウンセラーが担当
  • 契約期間満了前に次回の案件を提案

Flutterの副業案件を探すなら、レバテックフリーランスはぜひ利用したいフリーランスエージェントです。スキル別にコンサルタントが担当してくれるので、マッチングの精度が高く、安心して利用できます。

Flutterエンジニアの副業案件例

副業エージェントに掲載されているFlutterの副業案件をご紹介します。

週2日・土日稼働可能な副業案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」Flutterの副業案件です。

案件スタートアップにてFlutterエンジニア募集!
月収〜300,000円
業務内容開発中のサービスWittiesにおいて、スマホアプリの画面開発を担当していただきます。
歓迎スキル・Flutterの開発経験
・スタートアップでの開発経験
・新規WEBアプリ開発経験
・フルスタックエンジニアとしての開発経験
・DBについての知見

フルリモート可能な副業案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「フルリモートOK」なFlutterの副業案件です。

案件【副業/Flutter】モバイルアプリ開発の求人・案件
月収〜460,000円/月
業務内容Flutterを用いたモバイルアプリのフロントエンド開発に携わっていただきます。
基本的には実装のみをご担当いただきますが、場合によっては設計等もご担当いただく可能性はございます。
歓迎スキル・Flutterを用いたモバイルアプリケーション開発経験
・テックリードやPdMなどのご経験
・Google Cloud下での開発経験
・状態管理パッケージのRiverpodを使用した経験
・機械学習プラットフォームのVertex AIの使用経験

Flutterエンジニアが副業するメリット

最新のトレンドをキャッチアップしやすい

副業を行うことで、様々な制作・開発現場に参画することになり、トレンドをキャッチアップする機会が増えます。

副業で知識やスキルレベルを上げておくことで、本業で任される仕事が増えるなど、現職での昇給・昇格も期待できます。

キャリアの選択肢が広がる

副業を行うことで、参画先の社長やPMなど多くの決裁権者と繋がることができます。

もし、副業で成果を出すことができれば、その評価は決裁権者にも伝わります。そうなれば、フリーランスとして業務委託契約を打診され独立できたり、正社員としてヘッドハンティングされることもあるでしょう。

副業先で信頼を積み重ねることで、あなたの収入やキャリアの選択肢が大きく広がるので、本業と同じ姿勢で業務に臨むようにしましょう。

Flutterエンジニアが副業するデメリット

Flutterエンジニアが副業を行う際は、以下の点に注意が必要です。

  • 本業で働く会社の就業規則を必ず確認する
  • 副業先との契約内容を明確にする
  • 本業に支障が出ないようにする
  • 税務処理を行う

副業禁止の会社で副業がバレると、解雇される可能性があります。副業が許可されている場合でも、副業収入の制限や申請の義務など、就業規則で定められている場合があるので必ず確認しておきましょう。

副業先と本業先で競合するような業務はもちろん避けつつ、副業で忙しくなりすぎて本業に支障が出ないようにも注意しましょう。

Flutterエンジニアが副業を始める上でよくある質問

初心者・実務未経験のFlutterエンジニアでも副業案件を獲得できる?

実務未経験の状態で、Flutterエンジニアが副業案件を獲得するのはほぼ不可能です。

なぜなら、Flutterの副業案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような実務経験を問われるからです。フリーランスや副業ワーカーは即戦力として現場に期待されるので「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で副業を始めることをおすすめします。

在宅・リモート可能なFlutterの副業案件はどうやって見つける?

フルリモート可能なFlutterの副業案件を獲得するには、フリーランスエージェントの活用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「Flutter リモート」と検索すると、フルリモート可能な副業案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

この記事の監修者
株式会社フィジビリ
株式会社フィジビリ
編集部
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました