IT系おすすめ副業
PR

Linuxエンジニアが副業で稼ぐには?週2日・土日稼働可能な案件の探し方

株式会社フィジビリ 編集部

Linuxエンジニアとして副業を始めたいものの、案件の獲得方法や営業力に不安を感じていませんか?

「営業経験がないから、副業案件を獲得するのは難しいんじゃないか」
「自分のスキルや経験で、どんな案件を獲得できるんだろう」

そんな不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。実は、フリーランスエージェントなどのサービスを活用すれば、営業経験がなくても副業案件を獲得できます。

本記事では、Linuxエンジニアが副業案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場について解説します。

エンジニアにおすすめ!
おすすめ副業案件サイト
サービス名【第1位】
ITプロパートナーズ
【第2位】
レバテックフリーランス
総合評価
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
案件数約4,000件約15,000件
特徴フルリモート案件・週2〜3日で稼働できる案件が豊富案件数・利用者数・知名度ともに業界No1
支払いサイト20日サイト15日サイト
公式サイト公式サイト公式サイト

Linuxエンジニアの仕事内容・単価相場

Linuxを扱うインフラエンジニアは、クライアントの要望をヒアリングし、インフラ環境の要件定義、設計、OS・ミドルウェアのインストールなどを行います。

インフラ環境の要件定義では、クライアントから必要な機能をヒアリングし、構築するインフラの仕様を決定します。

要件定義で定められた仕様に従い、予算や開発期間を加味しながら、ハードウェア構成やソフトウェアについて決定します。その後、設計書をもとにサーバーやネットワーク機器を調達し、インフラ環境の構築を行います。

副業エージェントである『ITプロパートナーズ』で公開されているLinux案件の平均単価は75万円/月でした。

Linuxは週2日・フルリモートで参画できる副業案件が多く、実務経験が3年以上あるLinuxエンジニアはエージェント経由で案件を紹介してもらえます。

Linuxの副業案件を獲得する方法

Linuxエンジニアが営業工数をかけず、かつ安定して副業案件を獲得するには、フリーランスエージェントを活用することが最も有効です。フリーランスエージェントを活用するメリットは以下の通りです。

  • 営業工数がゼロになる
  • 高単価な副業案件を紹介してもらえる
  • 週1〜2日から稼働できる
  • フルリモートOKなど柔軟な案件を紹介してもらえる

Linuxの副業案件をお探しの方は以下の副業エージェントがおすすめです。

ITプロパートナーズ | 週2日・土日稼働可能な副業案件が豊富

ITプロパートナーズ』は、株式会社Hajimariが運営するITフリーランス専門エージェントです。2015年に創業し、ITフリーランスの支援実績は7万名を超えています。

ITプロパートナーズの特徴は、以下のとおりです。

  • エンド直の高単価案件が多い
  • 週2日から稼働できる
  • フルリモートOKなど柔軟な案件が豊富
  • 複数案件掛け持ちしたい方にもおすすめ

週2日から稼働できるLinuxの副業案件も公式サイトに掲載されているので、案件の詳細が知りたい方はぜひチェックしてみてください。

レバテックフリーランス | Linuxの副業案件数は業界No1

レバテックフリーランス』は、求人数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーランス専門エージェントです。レバテックフリーランスの特徴は、以下のとおりです。

  • 求人数・利用者数・知名度ともに業界No1
  • エンジニア向けの副業案件が豊富
  • スキル別に専任カウンセラーが担当
  • 契約期間満了前に次回の案件を提案

Linuxの副業案件を探すなら、レバテックフリーランスはぜひ利用したいフリーランスエージェントです。スキル別にコンサルタントが担当してくれるので、マッチングの精度が高く、安心して利用できます。

Linuxエンジニアの副業案件例

副業エージェントに掲載されているLinuxエンジニアの副業案件をご紹介します。

週2日・土日稼働可能な副業案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」Linuxの副業案件です。

案件【Linux】医療従事者向けアプリにおけるインフラエンジニアの案件・求人
月収〜900,000円
業務内容自社アプリのインフラ設計/構築/運用/devOps/MLOps、等に従事いただきます。
スキル・Linuxを用いたサーバー構築の知見・3年以上の実務経験
・クラウドインフラ(Google Cloud Platform)の知見
・CloudRun、CloudFunction、Redisキャッシュサーバーの利用経験
・Terraformの利用経験

フルリモート可能な副業案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「フルリモートOK」なLinuxの副業案件です。

案件【Linux】メタバース市場におけるインフラエンジニアの案件・求人
月収〜1,000,000円/月
業務内容現在、ユーザー数が増えたことにより機能改善や新機能追加の要望も増えた中、エンジニアチーム3名体制で手が回らない状況です。また来年度には新サービスの開発も控えております。
その中、さらにサービスをグロースするため一緒に仕事できる仲間を募集します。
スキル-AWSまたはGCP経験5年以上
– Linuxサーバの運用経験
-バックエンドの開発経験(言語は問わず)

Linuxエンジニアが副業するメリット

最新のトレンドをキャッチアップしやすい

副業を行うことで、様々な制作・開発現場に参画することになり、トレンドをキャッチアップする機会が増えます。

副業で知識やスキルレベルを上げておくことで、本業で任される仕事が増えるなど、現職での昇給・昇格も期待できます。

キャリアの選択肢が広がる

副業を行うことで、参画先の社長やPMなど多くの決裁権者と繋がることができます。

もし、副業で成果を出すことができれば、その評価は決裁権者にも伝わります。そうなれば、フリーランスとして業務委託契約を打診され独立できたり、正社員としてヘッドハンティングされることもあるでしょう。

副業先で信頼を積み重ねることで、あなたの収入やキャリアの選択肢が大きく広がるので、本業と同じ姿勢で業務に臨むようにしましょう。

Linuxエンジニアが副業するデメリット

Linuxエンジニアが副業を行う際は、以下の点に注意が必要です。

  • 本業で働く会社の就業規則を必ず確認する
  • 副業先との契約内容を明確にする
  • 本業に支障が出ないようにする
  • 税務処理を行う

副業禁止の会社で副業がバレると、解雇される可能性があります。副業が許可されている場合でも、副業収入の制限や申請の義務など、就業規則で定められている場合があるので必ず確認しておきましょう。

副業先と本業先で競合するような業務はもちろん避けつつ、副業で忙しくなりすぎて本業に支障が出ないようにも注意しましょう。

また、副業で得た収入は、原則として確定申告が必要です。確定申告せずに放置すると、追徴課税を受ける可能性があるので注意が必要です。

Linuxエンジニアが副業を始める上でよくある質問

初心者・実務未経験のLinuxエンジニアでも副業案件を獲得できる?

実務未経験の状態で、Linuxエンジニアが副業案件を獲得するのはほぼ不可能です。

なぜなら、Linuxの副業案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような実務経験を問われるからです。フリーランスや副業ワーカーは即戦力として現場に期待されるので「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で副業を始めることをおすすめします。

在宅・リモート可能なLinuxの副業案件はどうやって見つける?

フルリモート可能なLinuxの副業案件を獲得するには、フリーランスエージェントの活用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「Linux リモート」と検索すると、フルリモート可能な副業案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

この記事の監修者
株式会社フィジビリ
株式会社フィジビリ
編集部
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました