グラフィックデザイナーがフリーランスになるには?案件の獲得方法を解説

soji

グラフィックデザイナーとしてフリーランスを目指しているものの、独立後の案件獲得や営業力に不安を感じていませんか?

「営業経験がないから、フリーランスとして独立するのは難しいんじゃないか」
「自分のスキルや経験で、どんな案件を獲得できるんだろう」

そんな不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

実は、フリーランスエージェントなどのサービスを活用すれば、営業経験がなくても継続案件を獲得できます。

当記事では、グラフィックデザイナーがフリーランス案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場について解説します。

【編集長おすすめエージェント】

グラフィックデザイナーのフリーランス案件を獲得したい方は、ITプロパートナーズ・レバテッククリエイターがおすすめ。リモートワークOK・週2〜3日から参画できる柔軟な案件が豊富です。

【第1位】ITプロパートナーズ
週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富。スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件も豊富。

【第2位】レバテッククリエイター
デザイナー専門のフリーランスエージェント。イラスト制作やWebデザイン、グラフィックデザイン、コーディング、ディレクションまで様々な案件を保有。

グラフィックデザイナーの仕事内容・必須スキル

グラフィックデザイナーとは、パンフレットや雑誌のような紙媒体や、Webサイトに載せるグラフィックのデザインを行う職業です。一般的に、広告代理店やWeb制作会社、企業の広報部や制作部などが活躍の場となります。

グラフィックデザイナーの仕事内容としは、クライアントの要望をヒアリングし、訴求すべきターゲット層にマッチするデザインを考案・制作することです。経験豊富なグラフィックデザイナーは、テレビCMなどの大規模なプロジェクトに関わることも多いです。

一般的に、グラフィックデザイナーはアートディレクターやコピーライター、フォトグラファーなどと連携してデザイン制作を行っています。

グラフィックデザイナーとしての実務経験が浅い方は、まずはアシスタントとして現場で経験を積んでから、徐々に仕事の範囲を広げていくのが一般的です。

実務経験が3年以上になると、フリーランスとして独立される方も多いです。

フィジビリ編集長・辻本
フィジビリ編集長・辻本

フリーランスグラフィックデザイナーの単価相場

フリーランスとして独立後すぐの年収は400万円くらいが相場です。一方で、実績と経験が豊富で、フリーランス専門エージェントとうまくお付き合いできている方は、年収1,000万円以上になるケースも多いです。グラフィックデザインの単価相場は以下の通りです。

項目単価相場
企画・プランニング1万〜10万円
デザイン費1万〜10万円
修正費デザイン費の20%〜40%
印刷費10円〜150円/部
その他費用キャッチコピー制作費:3万円〜6万円
取材・撮影費:3万円〜8万円

媒体別のグラフィックデザインの単価相場は以下の通りです。

制作物単価相場
ロゴ30,000円〜200,000円
名刺7,000円〜50,000円
DM・ハガキ20,000円〜60,000円
フライヤー・チラシ20,000円〜90,000円
ポスター50,000円〜180,000円
パンフ・カタログ20,000円〜70,000円/ページ

フリーランスのグラフィックデザイナーとして年収を上げるには、SNSのような多くの人の目に触れる場所に、自分の作品やポートフォリオを露出すことが大切です。

あわせて読みたい
グラフィックデザイナーが副業で稼ぐには?週2日・土日稼働可能な案件の探し方
グラフィックデザイナーが副業で稼ぐには?週2日・土日稼働可能な案件の探し方

グラフィックデザイナーの案件動向

デザイナー専門のフリーランスエージェントである『レバテッククリエイター』で、グラフィックデザイナーの案件を検索すると約220件の案件がヒットしました。

IT・Web市場が大きく拡大していく中、Webにおけるグラフィック表現の需要は飛躍的に伸びています。一方で、紙媒体を中心に仕事をしてきたグラフィックデザイナーは、キャリアプランの変更などなんらかの対応が迫られています。

これからグラフィックデザイナーを目指される方は、Web業界に腰を据える前提でキャリア形成されることをオススメします。

グラフィックデザイナーがフリーランス案件を獲得する方法

フリーランスエージェントを活用する

グラフィックデザイナーのフリーランス案件を獲得する方法として、最も効率的で負担が少ない方法はフリーランスエージェントの活用です。

担当のコンサルタントが希望の条件(月単価/稼働日数/フルリモートなど)にマッチした案件を紹介してくれるので、良案件に出会える可能性が非常に高いです。

複数のフリーランスエージェントに登録しておけば、ブランク期間を空けずに稼働することができます。グラフィックデザイナーのフリーランス案件をお探しの方は『レバテッククリエイター』と『ITプロパートナーズ』がおすすめです。

個人で企業に営業する

前述のフリーランスエージェントに手数料(約10%〜20%)を取られるのがもったいないと思われる方は、企業に直営業するのも一手です。

YentaやWantedlyなどのビジネスマッチングアプリを活用することで、企業の決裁権者に効率よく出会うことができます。

一方で、フリーランスに仕事を発注したいと考えている決裁権者にタイミングよく出会えることは稀であり、営業活動の負担が高く、本業に支障をきたす可能性がある点は注意が必要です。

フリーランスコミュニティに参加する

フリーランスコミュニティでは、Facebookグループなどのクローズドな環境で頻繁に案件シェアが行われています。

オフライン・オンラインでコミュニティメンバーと交流して信頼関係が築けていれば、人脈や案件を紹介してもらえる確率が高まります。

案件のシェアが頻繁に行われているフリーランスコミュニティをお探しの方は「ノマド家」がおすすめです。

知人から案件を紹介してもらう

会社員時代の人脈などがある場合、知人から案件を紹介してもらうのが得策です。

特に、Web制作会社や広告代理店など、仕事のハブになっているような企業出身の方は、外注先として独立後も案件を紹介してもらいやすいです。

ただし、あくまで自分で新規案件を開拓しながら、副次的な方法として活用するのが無難です。

グラフィックデザイナー案件を獲得できるフリーランスエージェント

フリーランスのグラフィックデザイナーが営業工数をゼロにするには、フリーランス専門エージェントに登録するのが最も有効です。フリーランスエージェントに登録することで、以下のようなメリットがあります。

・営業工数がゼロになる
・高単価案件を紹介してもらえる
・週3日から稼働できる
・フルリモートOKなど柔軟な案件を紹介してもらえる

フリーランスエージェントは、クライアント企業との信頼関係が構築されているので、自力で営業するよりも高単価案件を獲得しやすいです。グラフィックデザイナーのフリーランス案件をお探しの方は以下のエージェントがおすすめです。

レバテッククリエイター | 業界最大級のクリエイター案件を保有

レバテッククリエイター』は、Web・ゲーム業界に特化したフリーランス専門エージェントサービスです。45万人以上の登録者数を誇り、常時1,000件以上の案件を取り扱っています。

Webデザイナーやイラストレータ、グラフィックデザイナーを始めとしたクリエイター向けの案件数は業界No1です。レバテッククリエイターの特徴は、以下のとおりです。

  • デザイナー・クリエイター向けの案件数が業界No1
  • 週2〜3日から働ける柔軟な案件が多い
  • 高単価案件が豊富
  • 福利厚生が充実している

週2〜3日から参画OK、フルリモートOKなど柔軟な案件が多いので、案件を掛け持ちしつつ年収アップを目指したいクリエイターにおすすめです。

ITプロパートナーズ | 週1〜2日稼働のリモート案件が豊富

ITプロパートナーズ』は、株式会社Hajimariが運営するITフリーランス専門エージェントです。2015年に創業し、ITフリーランスの支援実績は7万名を超えています。

ITプロパートナーズの特徴は、以下のとおりです。

  • エンド直の案件が多い
  • 中間マージンがなく高単価
  • 週3日から稼働できる
  • フルリモートOKなど柔軟な案件が豊富

エンド直の案件とは、企業から直接案件を獲得している案件のことです。中間マージンが発生しないため、高単価な案件を獲得することができます。

ITプロパートナーズのサイト内検索で「デザイナー」と検索すると、約140件の案件がヒットしました。単価としては、40万円〜70万円/月のレンジの案件が多かったです。

当サイトが最もおすすめするフリーランス専門エージェントについて知りたい方は、関連記事「フリーランスエージェントおすすめ10選」もご覧ください。

グラフィックデザイナーのフリーランス案件例

この章では、フリーランスエージェントに掲載されているグラフィックデザイナーのフリーランス案件をご紹介します。

週2日稼働のフリーランス案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名【フルリモート】自社でモバイルSFAサービスを運営する企業にてブランド・グラフィックデザイナーを募集
想定月収〜400,000円
業務内容今後のIPO・グローバル展開を見据えた中長期的なブランディング戦略、ブランドアイデンティティの構築に関するプロジェクトリードをお任せします。
また、ブランドアイデンティティをベースとしたブランドガイドライン制作、ならびにロゴのアップデートもお願いする予定です。
≪アウトプット一例≫
・ブランドガイドライン
・サービスロゴ × 5パターン
・パワーポイントテンプレート
・アイキャッチテンプレート
求めるスキル・事業会社にてブランディング戦略のプロジェクトリードの経験
・スケジュール管理やクオリティコントロール含め、プロジェクトマネジメント経験
・自身で手を動かして、デザインマテリアルを制作した経験

上記の案件はすでに募集を締め切っていますが、ITプロパートナーズのサイト内検索で「グラフィックデザイナー 週2」と検索すると、稼働日数が少なくても参画できる案件が豊富に見つかるので、会員登録して公募案件をチェックしてみてください。

フルリモートのフリーランス案件例

以下は『レバテッククリエイター』に掲載されている「フルリモートOK」なフリーランス案件です。

案件名【Photoshop/Spine】運用中スマートフォンゲーム向けパーツ分けの求人・案件
想定時給〜2,630円/時
業務内容大手ゲーム企業におけるソーシャルゲームにてPhotoshopを用いてパーツ分け作業をお任せいたします。
求めるスキル・Photoshopでのパーツ分け経験
・アニメーションを想定したパーツ分け作業ができる方
・Spineの実務経験

レバテッククリエイターのサイト内検索で「グラフィックデザイナー フルリモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

グラフィックデザイナーの将来性は?

今後、グラフィックデザイナーの需要はWeb業界だけでなく、映像やゲーム業界、一般企業など、広い分野で高まっていくと見込まれます。

Web業界では、スマートフォンやタブレット端末の普及により、Webサイトやアプリのデザインの重要性が高まっています。また、Webマーケティングにおけるクリエイティブの重要性も注目されており、一般企業でもデザイナーやクリエイターの採用を積極的に行うケースが増えています。

映像やゲーム業界では、4Kや8Kなどの高画質化、VRやARなどの新技術の登場により、グラフィックデザイナーの需要が高まっています。

また、デバイスやネット環境、クラウドソーシングサービスの発展により、グラフィックデザイナーの働き方も多様化しています。地方や在宅でも働ける環境が整い、フリーランスや副業ワーカーとして働くグラフィックデザイナーが増えていくと予想されます。

あわせて読みたい
2024年版!グラフィックデザイナーの求人に強い転職エージェント8選
2024年版!グラフィックデザイナーの求人に強い転職エージェント8選

まとめ

フリーランスで働くグラフィックデザイナーは、スキルや経験が重視されるため、フリーランス1年目でも実績や実力次第では高単価案件を獲得できます。

また、グラフィックデザイナーはフルリモートOKな案件が豊富なので、自分の好きな時間に好きな場所で働くことが可能で、仕事とプライベートのバランスを自由に調整できます。

週2〜3日でも稼働できる案件が豊富なので、複数の案件を掛け持ちして年収を上げることも可能です。

フリーランスエージェントを活用すれば、営業工数ゼロで案件を獲得できるので、スキルや経験に自信がある方はぜひ活用してみてください。

この記事の監修者
辻本 拓磨
辻本 拓磨
株式会社フィジビリ 代表取締役
同志社卒→株式会社リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を湘南でオープン | 企業のWeb戦略/マーケティング支援を行いながら、業界最大手のフリーランス専門メディアを運営中。
記事URLをコピーしました