2024年版!デジプロの評判・口コミは?メリット・デメリットも解説

soji

デジプロは、未経験からたった2ヶ月でWebマーケターを目指せる、マンツーマンのオンラインスクールです。生徒一人一人に現役のWebマーケターがパーソナルトレーナーとして付き、継続的に学習できるよう進捗をサポートしてくれます。

当記事ではデジプロの評判について、実際にスクールを受講したユーザーの口コミやアンケートの結果をもとに、メリット•デメリットを徹底検証します。

フィジビリ編集長・辻本
フィジビリ編集長・辻本
デジプロの口コミ・評判まとめ

◎ Webマーケティングの​動画講義が見放題で自分のペースで学習できる
◎ マンツーマンレッスンなので講師に直接質問できる
◎ 現場で使えるWeb広告スキルが身に付く
◎ CPAが改善して売上が増加した
× 就職が決まらないという声も

最初に確認!
デジプロの基本情報
運営会社株式会社Hagakure
サポートオンラインチャット(平日10時〜22時)
料金(税込)受講料:385,000円〜 / 入会金:33,000円
期間2ヶ月
サポート内容パーソナルサポート付き / 実際に広告運用を体験

デジプロ』は、未経験からたった2ヶ月でWebマーケターを目指せる、マンツーマンのオンラインスクールです。生徒一人一人に現役のWebマーケターがパーソナルトレーナーとして付き、継続的に学習できるよう進捗をサポートしてくれます。

受講期間中は、講義で使用するスライドを動画で何度も見返すことができるので、いつでも復習できます。Webマーケティングの基礎知識はもちろんのこと、実務で使えるスキルが身につくようカリキュラムが作成されています。

【目的別おすすめスクール2選】

当サイトが特におすすめするWebマーケティングスクールはマケキャン・デジプロの2校。

【第1位】マケキャン
オンライン完結でコスパ良く、自分のペースで学びたい方におすすめ!
現役のWebマーケターが講師であり、実務レベルの広告プランニングを学べる。

【第2位】デジプロ
通学しながら学習し、未経験から最短でエンジニア転職を目指す方におすすめ!
広告運用で必要な管理画面の操作方法からデータ分析まで学べる。実際に広告入稿を自分で体験できるのがデジプロの強み。

デジプロの評判は?良い口コミ・悪い口コミを徹底調査

実際に、デジプロを受講しているユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

デジプロのポジティブな評判で多かったのは「自力で広告出稿できるようになった」「CPAが改善して売上が増加した」という口コミです。

これまで独学で自社サービスの広告を運用しておりましたが、目標数値を達成することができない日々が続いておりました。外注もしたこともありますが、それでも思うような成果は出ませんでした。

しかし、デジプロを受講してからはCPAが大幅に改善し、目標数値を達成することができています。独学で学んできたことが間違っていたことに気づき、正しい運用方法に切り替えることができました。(20代・男性)

(引用:フィジビリ調査)

デジプロを受講するまでは、独学で運用していました。管理画面の分からないことを毎回調べて時間が取られることもしばしば。

デジプロで学んでからは、運用方法も変わりブランドの売上はかなり伸びました。また、実践的なスキルを身に付けることができたので、分からないことがあっても自分で解決できるようになりました。(20代・男性)

(引用:フィジビリ調査)

学び直しのためにWebマーケティング(広告運用)が学べるデジプロ始めてみたけど、動画で体系的に知識を理解できるのでおすすめ。

独学で学んでいたときは「分からないことをググる」、「本読む」という流れで非効率な面も多かったのでそこを効率化できるのは魅力的。 (20代・男性)

(引用:フィジビリ調査)

会社からいきなり広告運用を任されたものの、何から始めればいいか分からず戸惑っていました。Webや本を読んで使い方は分かっても、実践的な内容は載っておらず現場ではあまり使えませんでした。

デジプロでは実践的なカリキュラムで学ぶことできたので、実際の運用にも非常に役立っています。(30代・男性)

(引用:フィジビリ調査)

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「就職が決まらない」といったネガティブな口コミも見受けられました。

講師から早く仕事を探せ言われて未経験のマーケッターの募集がめちゃくちゃ少ないところに10件くらい探して応募してるけど結局全部不採用になった事を報告します。
未経験だから厳しいのはわかるけどさすがに落ち込む。
しかも1月6日で卒業だしみんな仕事見つけてるみたいだから焦りしかない#デジプロ

(引用:X)

デジプロ受講者の評判から分かるメリット

Web広告運用スキルが身に付く

デジプロは、Webマーケティングの中でもWeb広告の学習を中心としたカリキュラムになっていて、広告運用で必要な管理画面の操作方法からデータ分析など、現場ですぐに使える実践的なWeb広告スキルを習得できます。

具体的には、下記のようなWeb広告の管理画面の操作方法や運用方法を実務レベルで学ぶことができます。

・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・Google広告
・Yahoo!広告
・Facebook広告
・X広告

週に1度の講義や動画教材で学ぶだけでなく、実際に広告入稿やデータ分析を自分で体験できるのがデジプロの特徴です。

現役マーケターから学べる

デジプロの講師は、数十億円規模のWeb広告運用実績がある現役のWebマーケターです。実際の現場で使える最新のノウハウや効果的な運用スキルを学ぶことができます。

生徒一人一人に現役マーケターがパーソナルトレーナーとしてWeb広告運用の学習をサポートしてくれます。

受講期間中はもちろん質問し放題で、今後のキャリアや転職の相談にも応じてくれます。

受講期間中は動画コンテンツ見放題

デジプロの動画教材は、受講期間中は見放題なので繰り返し復習できます。

デジプロの動画教材で学べる内容は、Web広告の概論からGoogle・Yahoo!・SNSなど各広告媒体の基礎知識や入稿方法、広告タグの設置やGoogle Analyticsを利用した効果分析など網羅的に学ぶことができます。

動画で学習するだけでなく、実際にクリエイティブの入稿やデータ分析を自分で体験することもできます。

デジプロ受講者の評判から分かるデメリット

広告運用以外は学べない

デジプロは、Webマーケティングの中でもWeb広告の運用を中心に学ぶカリキュラムになっているので、SEOやSNSマーケティングをはじめとしたWebマーケティングは学ぶことができません。

もし、Webマーケティングを広く浅く学びたい方は、Webマーケターとしての転職成功率98%の実績を誇る『マケキャン』がおすすめです。

当サイトが最もおすすめするWebマーケティングスクールについて知りたい方は、関連記事「おすすめのWebマーケティングスクール・講座10校を徹底比較」もご覧ください。

デジプロはこんな方におすすめ!

デジプロ』は、未経験から最短でプロの広告プランナーを目指したい方におすすめのスクールです。

特に、Web広告で自社サービスの認知・売上拡大を実現したい企業のマーケティング担当者や経営者、クライアントのWeb広告の改善提案をしたい制作会社や広告代理店勤務の方におすすめです。

基本的にはオンラインで学習が完結するので、日中は仕事で忙しいサラリーマンの方でも自分のペースで学習を進めることができます。

デジプロを受講するまでの流れ

デジプロを受講される際は、必ずオンライン説明会に参加して、カリキュラム内容や学習スケジュール、卒業生の就職先などを確認し、十分納得した上で本申込されることをおすすめします。

オンライン説明会を予約

デジプロの受講を悩んでいる方や、自分の目的(独立・転職・副業)に合ったコース選びについて相談したい方は、オンライン上で開催されている『オンライン説明会』の予約をおすすめします。

現役のマーケター講師になんでも相談できるので、はじめてのWebマーケティング学習の不安や疑問を解消できます。

また、オンライン説明会参加後に、割引クーポンなど参加者特典を用意しているケースもあるので、いきなり本申込されるよりお得です。

オンライン説明会に参加

デジプロの『オンライン説明会』では、ビデオチャットでマーケター講師に直接相談できます。

まず初めに、デジプロのコースやカリキュラム内容、学習スケジュール、受講料についての詳しい説明があり、その後に質問・相談できます。

特に事前学習の必要はありませんが、時間が限られているので事前に質問を用意しておきましょう。

本申込・レッスン開始

オンライン説明会参加後、受講する場合は本申込を行います。本申込後、入金の案内が届くので手順通りに入金を行いましょう。

入金が完了次第、すぐにデジプロでWebマーケティングの学習を開始できます。

この記事の監修者
辻本 拓磨
辻本 拓磨
株式会社フィジビリ 代表取締役
同志社卒→株式会社リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を湘南でオープン | 企業のWeb戦略/マーケティング支援を行いながら、業界最大手のフリーランス専門メディアを運営中。
記事URLをコピーしました